成田 富里 税理士 『税理士法人 成田綜合事務所』

事務所便り

花貫渓谷

低山を7月や8月に歩くとなると熱中症の危険があるため、涼しい標高の高い山へ行きたかったのですが、子供のいる職員は早朝出発も難しく夜9時前帰宅がギリギリということでクリアする山がなかったことから、茨城県内にある渓流の沢登りを企画してみました。
沢登りは滑りやすく危険という認識が登山者にあるためか、釣り人以外滅多に人と出会うことがありません。
うだるような暑い夏に、静かで爽やかな美しい渓谷を独り占めできることは、最高の贅沢ですね。
沢に入っての渓流遡行はなかなか経験できることではありませんので、みんな楽しんでくれたことと思います。

スタート
全員初心者。まずはウェーディングシューズのグリップ力を把握したうえで歩行に慣れる必要があるため、砂地の混じる緩い沢のポイントから入りました。
しかし、靴に水が入ることや濡れる心配、流れが怖い、転倒の恐怖、水中の状況が把握できない等一般登山道とは違う状況に戸惑ってなかなか進めず悪戦苦闘していました。

不動滝
乙女滝

日差し
ゴロタ石の連続

倒木更新
枯木の上に幼木が生えて成長して行くことを倒木更新といいますが、渓流のど真ん中にあるのは珍しい。よっぽど鉄砲水など大規模増水がないということでしょうか。

涼しげな渓流
低山ハイクだったら熱中症になっていたかもしれません。今回は涼しげな渓流を楽しむことができました。
水温は結講高めで、泳げるレベル。イワナの生育には厳しいかな。

汐見滝
汐見滝
滝上を通過できるか見てみましたが、初心者には危険なので一旦道路へ上がることにして、吊り橋見学。

滝上の大岩
汐見滝の上から再入渓したところ、大きな岩がありました。

アズマヒキガエルの子供
アズマヒキガエルの子供
花貫渓谷のヒキガエルは黒色、茶(赤、黒)褐色、クリーム色、赤色と色数の多いタイプが優占しているようですね。
アズマヒキガエルの体色には様々なバージョンがあるので、改めて観察してみると楽しいですよ。

涼しげ
ここも涼しげできれいな水でした。

頑張ってます
水深のあるところは流れもきついので、岩に登ったり岸を歩いたりとルートファインディングも重要となってきます。

インスタ映え
緑が目に心地よいです。

ツチアケビ
ツチアケビ
ツチアケビは光合成をしないことから葉緑素を持たず、菌根菌(ナラタケ)から養分を摂取することにより成長していきます。さらにアケビのような液果をつけて鳥に食べてもらうことで種子散布をする戦略をとる珍しいラン科植物でもあります。

成田の希少な生き物

朝から天候の悪い日曜日でしたが、午後に晴れ間が出てきたため、久しぶりに生物調査へ行ってきました。
なぜ、突然思い出したかのように行ったのかというと、成田空港の滑走路の新設・延長に関して環境影響評価準備書なるPDFが公表されており、その中でイシガメとアカハライモリが見つかったとの記述があったためです。
多古と山武が調査範囲に入っているため成田とは限りませんが、それでもイシガメとアカハライモリが未だ生息していることにビックリ致しました。特にイシガメは、北総エリアが太平洋側の北限となるそうですので希少度は高くなります。

アサザ
アサザ
以前から梅雨時になると黄色い花を咲かせていたため確認してみたところ、やっぱりアサザでした。千葉県では昨年Aランクに格上げされた最重要保護生物となります。

クサレダマ
クサレダマ
まだ咲き始めです。風で倒れ気味でした。千葉県では要保護生物のCランク

ノカンゾウ
ノカンゾウ
八重咲きのヤブカンゾウはよく見かけますが、ノカンゾウについては減少傾向にあると聞いております。千葉県ではレッドリストに入っておりませんが、探してみると意外に見つかりません。

めだか
メダカ
湧き水の出ている源流部の細流で泳いでおりました。まだ生まれて間もないため体長は20mm程。昔はどこにでもいましたが、今は絶滅危惧種となり出会うことも難しくなってしまいました。

職員向け健康診断

今年から職員向けに健康診断を法人負担で実施することに致しました。
市の健康診断や夫の会社の健康診断等を受けているものと思っておりましたが、子供優先で全く検診を受けていないことが聞き取りでわかりまして、ほぼ全員がそのような状況だったため、正直なところ衝撃を受けました。
弊所では、年4回ほどの懇親会や挽きたてコーヒー飲み放題、制服の夏服冬服自由選択、体幹トレーニング用の椅子の購入、毎月のハイキングなどの福利厚生を実施しておりますが、健康診断につきましても毎年実施していく予定です。

健康診断

湯沢峡・篭岩

千葉県や茨城県の山はあまり登っていないため、現場を見ないと状況が掴めません。今回は歩く時間は短いものの難所がありそうなので、無理のようなら引き返す覚悟で慎重に歩を進めて行きました。
職員もまさかこんなに苔むした岩だらけとは思ってもいなかったでしょうが、岩場や鎖場を超えなければ帰れませんから必死に登っていました。道迷い時に沢へ降りることが、いかに危険で労力を要することであるかも十分体感してくれたものと思います。

シュレーゲルアオガエル
まずはシュレーゲルアオガエルがお出迎え。シュレーゲルアオガエルの遠くを見つめている姿は、老犬のそれのように哀愁を帯びていて大好きです。
この個体はメンチ切ってますね(笑)怖いです。

ユキノシタ
沢沿いを歩き始めてすぐに、ユキノシタが咲いていました。

不動滝
不動滝。不動滝の先のルートは、この滝上を通過して行きます。

アップ
アップ

岩と淵
初心者には難所かもしれません。トラバースルートの岩には苔が付いており、足を置く岩の間隔が長いため、先回りしてサポートすることに。

岩場急登
その後も急登が続き、コケむしている岩のためかワイヤーや鎖が設置してありました。

篭岩直下
登山中に写真を撮られることはないため、珍しいので載せてみました。装備が登山用ではなく渓流釣りやバックカントリースノーボード、サーフィンと無茶苦茶な取り合わせでお恥ずかしいところ。

篭岩
岩場を上がると、掘れたトンネル状の通路が出てきました。

篭岩
風化でここまで穴だらけになるのも珍しいですね。

ヤマボウシ
展望台のところにヤマボウシが咲いていました。

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ。葉緑素がない植物のため、ランのように共生関係にある菌根菌から糖類を摂取するタイプになります。みんなブルーアイにビックリしていました。

湯の澤鉱泉
帰りは日本秘湯を守る会の湯の澤鉱泉に入ってきました。

サーフィン国際大会を見学

今年も東京オリンピック会場の志田下にて、WSLによるQS6000の大会が開催されました。
最近にしては珍しく左側の堤防からグーフィーのいい波が立っていたため、堤防から目の前でライディングする外国人選手を観戦することができました。
観戦後は自分もよく入る隣のシダトラで外国人選手に紛れてサーフィンをしてきました。堤防で観戦しても迫力がありますが、一緒に海に入っているとスプレーの飛び具合や音、スピードは凄まじく、頭オーバーのダンパーに突っ込んで行ってエアーを決めてしまうなど、あり得ないワールドクラスのサーフィンを間近で見ることができました。
やはり一緒に入るのが一番勉強になりますね。

プポ
ミゲル・プポ選手
このクオリファイシリーズ3日目である23日まで出場しておりましたが、26日にはバリのクラマスで開催されたCTの試合に出ていました。凄い体力です。

スプレー
リッピングからの派手なスプレー

エアリバース
エアリバース。この体勢で着地するから凄い体幹です。

ビクターベルナルド
スプレー飛んでますね。

エアリバース グラブ
エアリバースからのグラブ。

リッピング タテ 垂直
サーフィンは後ろ向きでクロスオーバーするので、自然とこのような体勢になります。

エアー
遠くに見えるのは太東海水浴場。

クラッシュ
クラッシュしたりもします。

エアリバース グラブ
エアリバースからのグラブ。

海と同化
着地失敗かレイバックか?

花園渓谷

今月は北茨城の花園渓谷へ行ってきました。
花園渓谷のように道路沿いにある渓谷はドライブコースとしても有名で素晴らしい所が多いのですが、通過するだけでせっかくの景観をのんびり堪能することができません。渓谷沿いに散策コースがないため致し方ありませんが、たまには新緑を眺めながらの渓谷散策もいいものですね。ただし、全コースアスファルト舗装ですので、スニーカーの方が歩きやすいです。今回は登山靴で来てしまったため、あちこち筋肉痛になりました。

花園渓谷
苔むした岩が多いということは、渓流が安定している証拠。氾濫しやすい沢は、岩に苔がつきません。伏流水の沢や上流に発電のための取水口があるなど通年流量が安定している場合に、苔むした沢となります。
あるようでなかなかお目にかかれない渓相ですし、生物種も豊富なため大好きな渓流のタイプです。

新緑
職員がスマホで撮影したもの。
登山後、ラインで撮影した写真をアルバムにみんなでアップするのですが、この写真が一番新緑の美しさが出ていて目を引きました。いつのまに腕をあげたのでしょうか。

フタバアオイ
フタバアオイ。
道路脇に群生していました。丸くて白いのが花になります。

与四郎の滝
与四郎の滝。

ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ。
ガードレールの下に生えるウワバミソウの上で羽を乾かしていました。羽化したてのようで、抜け殻があります。源流部でたまに見かけますが、体長は5cm程と小さく黒色のトンボのため見つけ辛いです。

ホコリタケ
ホコリタケ。
多雪地だと今の時期では潰れてしまって膨らんだ状態のものはありませんが、この場所は積雪量も少ないのでしょうか。指でトントン叩くと茶色い胞子が煙のように出てきて面白いです。
出始めは食べられますが(皮をむく)、成熟するとカビ臭くて鍋が台無しになるので要注意。

千猿の滝
千猿の滝。
この辺りから、道路脇にそれなりの積雪があった痕跡が見えてきて、岩場やイヌブナが生えてくるなど景観や植物相(フロラ)が一気に変容してきているのが分かります。

トウゴクミツバツツジ
トウゴクミツバツツジ。
既に終わりかけでした。残念。

ヤマツツジ
ヤマツツジ。
源流に近づくに連れ、咲き始めの綺麗な状態のヤマツツジが見られました。この株は、花数多くゴッソリ咲いていました。

タニギキョウ
タニギキョウ。
実物の花の大きさは1cmもありません。繊細で儚げな花が春には多いですね。

ヤマドリゼンマイ
亀谷地湿原
渓流が緩やかになり周辺が平になってきた所で山地湿原が出現。今回は下調べをまともにしていなかったため、湿原が出てきてビックリしました。
茶色い植物はヤマドリゼンマイ。食べられます。

クロタニガワカゲロウ
クロタニガワカゲロウ。
カゲロウ類など様々な水生昆虫が羽化しているためか、テンカラ釣りをしている人もいました。

山菜
下に戻ってから山菜採り。
ウワバミソウ(ミズ)、オオバギボウシ(ウルイ)、クサソテツ(コゴミ)、タラの芽、ミツバ。ミヤマイラクサ(アイコ)もありましたが、刺が痛そうなので諦めました。

昔の山師、大工道具他

解体業をされているYさんの事務所には、解体時に見つけた掘り出し物がたくさんあります。
古民家を解体するときには、柱や梁、床の間の材や建具など今では入手困難なものがあったりするそうですが、一部のパーツを取り出すのは時間とコストがかかるため、現在は余程のことでない限り解体してしまうとのことです。
材木マニアの私としては、話を聞いているだけでよだれが出る程欲しくなってくるのですが、仕事の邪魔をするわけにもいきませんので、聞くだけに留めております。
さて、今回伺った際にも面白いものが見つかったということで、見せて頂きました。

チョウナ
ちょうな。鍬のように振り下ろして木材を削る道具。昔は大工さんも使っていたようですが、現代はプレカットされた木材を組み立てるなど使用場面がないため、使える人はいないのではとのことです。
右上にあるのは今も使われているケヤキの灰皿ですが、昔はよくこのタイプを見かけました。重量があるため安定感があり、火をもみ消すときにも動かないので今となってはよく考えられた作りですよね。内側に銅板が入っていないため木に直接擦り付けて火を消すことになりますが、全く問題ないようです。

銃剣、皮すき
写真上は銃剣。昭和初期の戦時中にでも作られたものなのでしょうか?突き刺す道具とはいえ、鋼も入っていなければ焼きも入っておらず、ただ、鉄を両刃にしただけの粗末なもの。
写真下は皮スキ。山から切り出してきた木の皮を剥ぐための道具。いろいろなタイプのものがありますが、これは現在も使っている方がいるのではないでしょうか。
ちなみに、写真に写っているテーブルも合板ではなく、10cm厚のケヤキのテーブル。さりげないですが、ケヤキのテーブルにしては珍しい面取りの仕方をしているところがいいですね。

ノコギリ、たてびき、よこびき
左の幅広は縦挽きに製材するためのノコギリで、右が横挽き用のノコギリになります。

確定申告慰労会・歓送迎会

確定申告の慰労会と歓送迎会を兼ねて、成田の参道沿いにある「うまい肴と山芋料理のなか里」へ行ってきました。山芋料理を中心とする特徴あるお店で、様々な山芋料理を堪能することが出来ました。

山芋料理のなか里
今回の参加者は14名。年末年始に4名人員を増やしたため、賑やかな慰労会となりました。

ヤマザクラとコブシが満開の宝篋山

3月は所得税消費税の確定申告、卒業入学関係の行事等が重なったこともあり中止の予定でしたが、なんとか月末ギリギリ開催することができました。
一般的には小田城ルートから登りますが、今回は常願寺コースから極楽寺コースという沢筋ルートを選択しました。
久しぶりに植物のおさらいも兼ねながら登山したため、植物の写真を多数アップしております。

トウダイグサ
トウダイグサ。
茎を折ると白色の液が出てきて、人によってはかぶれたりします。トウダイグサ科は総じて有毒ですので、山菜等の採取時には気をつけましょう。

カントウタンポポ
カントウタンポポ。
まだ、この辺りでは自生しているようですね。セイヨウタンポポに占有されず、在来種が生き続けている姿を見るとホッとします。

タチツボスミレ、クビキリギリス
タチツボスミレ。
写真中央にいる緑色のバッタはクビキリギリス。

ツクバトリカブト
ツクバトリカブトの根生葉。
下にあるニリンソウの葉と似ているため、山菜として採取する際は注意してくださいとよく言われる2種。花芽が付いているか否かを確認するのが一番手っ取り早いですが、ニリンソウは独特の石油臭い味?がありますし、そもそもキンポウゲ科の植物は有毒が多いので山菜としてはお勧め出来ません。
ニリンソウよりも上のタチツボスミレの方が、クセがなく美味しいですよ。

ニリンソウ
ニリンソウ。
常願寺コースの沢には咲いておらず、極楽寺コースの沢に多数咲いていたのは、不思議ですね。

宝命泉
宝命泉。
岩の下から清水が湧き出しています。宝篋山にはイノシシが相当数生息しているため、余り飲料には適さないと説明しましたが、なかなかのチャレンジャーですね。次回からマグカップ持ってきますよ!

コクランの実
コクラン。
実がおもしろい形で目立っていたため撮ってみました。

フモトスミレ
フモトスミレ。
自分が記憶しているものよりも花が大きかったです。

ツクバキンモンソウ
ツクバキンモンソウ。
日本海要素のニシキゴロモの変種で、太平洋側に生育するタイプになります。

ミヤマシキミ
ミヤマシキミ。
有毒の実として有名です。

ヤマザクラ
ヤマザクラ。
どれを写真に納めようか迷う程、あちこちできれいに咲いておりました。

新緑のイロハモミジ
イロハモミジ。
新緑が青空に映えきれいでした。

アカネスミレ
アカネスミレ。

コブシの花
コブシ。
花の数が多く、当たり年でしょうか。ちなみに成田や富里のコブシも今年は大当たりですね。

ミヤマウグイスカズラ
ミヤマウグイスカズラ。

ヒオドシチョウ
越冬から目覚めたヒオドシチョウ。
越冬後のタテハチョウ類を見ると、いつもよくがんばるなと思ってしまいます。ヒオドシチョウは茨城県だと普通種のようですが、千葉県だとAランクの絶滅危惧種に分類されています。

宝篋山より筑波山
宝篋山より筑波山。

ゼンマイ
ゼンマイ。
フサフサの毛に覆われた茎と鮮やかな緑色をした脳みそのような形の葉が何とも言えません。

クロモジ
クロモジ。
高級爪楊枝の材料として利用されており、前回の高宕山へ行った際には、道の駅ふれあいパーク・きみつにクロモジの楊枝が販売されておりました。

キブシ
キブシ。
これも今年大当たりでしょうか。凄い花の数です。

白滝
白滝。
流量は少ないですが、滝の脇を歩けるというのがいいですね。

ネコノメソウ
ネコノメソウ。
葵の滝の脇に付いていました。

ハート岩
ハート岩。
奥にある大きな岩がハート岩ですが、看板下にもたくさんのハート岩がありました。いくつあるか分かりますか?

慈悲の滝
慈悲の滝。
登山口近くの標高にもかかわらず、透明度と流れ具合、コケむし感は立派です。

石造五輪塔
石造五輪塔。

ヤエザクラ
ヤエザクラ。
ちょうど咲き始めのようできれいでした。

ニホンアカガエルの卵塊
ニホンアカガエルの卵塊。
田んぼ脇にあった止水の用水路にありました。
前回はヤマアカガエルの卵塊でしたが、今回はニホンアカガエルの卵塊になります。

フクロウカフェ

以前、名古屋の公開研究討論会へ行った際にフクロウカフェへ寄ったら閉店していたという記事を書きましたが、今回はそのリベンジです。
所得税確定申告も終了し、一段落した19日に税理士会の仕事で千葉市へ行く予定があったため、以前から気になっていたフクロウカフェの「ふくろうの城」へ行ってきました。
こちらは、個人単独ではなくフランチャイズ展開をしており、店舗ではフクロウへのエサやり、手乗り、生体・エサ販売、グッズ販売などをしておりました。個体と触れ合うサービスのみでなく、性格を把握してもらった上での生体販売やエサ販売、また、繁殖させたり生体を買取したりと、幅広い事業形態のようです。


みんなが一斉にこちらを向いたところをパチリ。
手前のフクロウは、映画「ガフールの伝説」に出てくるメンフクロウの主人公ソーレンとそっくり。同じメンフクロウなので似ているのは当たり前なのですが、それでも実物を見たら感動してしまいました。名前はやよい。3月に生まれたのでしょうか。


メガネフクロウのミルク。コーヒーにミルクを入れた時の状況に似ているからでしょうか。比較的おとなしい個体で、なでるのには問題ないフクロウでした。


ベンガルワシミミズクのミケ。取扱注意エリアのフクロウのため、写真だけ撮ろうとしたら頭を高速回転されて凄い写真になってしまいました。

だいふく
ウラル×モリフクロウのだいふく。頭や背中をなでていてもおとなしかったため、だいふくを手乗りに選んでみました。写真撮影中も、じーっとしていました。やはり一番人気だそうです。

ハヤブサ
セーカーハヤブサのリアム。格好いいです。左隅にいる茶色のハヤブサ・ロイとどちらを手乗りに選ぶか迷いましたが、下の写真のようにつぶらな瞳で見上げてくるのでリアムにしました。

リアム・ペンギン
ペンギンのようで可愛いです。

コノハズク
手乗りサイズのコノハズクとコキンメフクロウたち。小さくて飼育しやすい気もしますが、ちょっと臆病な性格なのか手乗りや撫では苦手なようなので、懐いてほしい人には向かないかもしれません。